フォルダ操作のショートカットキー【初級編】

フォルダ操作のショートカット仕事術
この記事の内容
  • フォルダ操作を早くする技を知りたい
  • デスクワークを効率化させる時短技を知りたい

オフィスワークで欠かせないフォルダ操作をショートカットキーだけで行えたら効率的ですよね。

デスクワークでパソコン仕事をやられている方は、ショートカットを覚えないと絶対に損です。

なぜなら、マウスとキーボードの間を腕を動かしているだけの時間が長いから。
そんな時間、人生から取っ払ってしまいましょう。

ショートカットキーを覚えるだけで、デスクワークのムダな時間を削減できます。

今回は明日からすぐに実践できるフォルダ操作のショートカットキーをご紹介します。

この記事を読むと・・・

フォルダ操作を早くするためのショートカットを覚えられます。

スポンサーリンク

フォルダ操作を早くする時短技【初級編】

さっそく紹介していきます。
フォルダ操作を早くするショートカットは以下の10個です。

フォルダ操作ショートカット
エクスプローラを開くWindows+E
エクスプローラを閉じるCtrl+W
新しいフォルダの作成Ctrl+Shift+N
フォルダの移動Alt+//
名前の変更F2
削除Del
検索Ctrl+F
アドレスバーAlt+D
詳細表示に変更Ctrl+Shift+6
ファイルの中身の確認Alt+P

それぞれ解説していきます。

エクスプローラを開く

Windows+E

フォルダ操作の基本となるエクスプローラはショートカットキーで起動できます。

↓この画面(エクスプローラ)が立ち上がります。

エクスプローラの起動
エクスプローラ画面

エクスプローラを閉じる

Ctrl+W

先ほど開いたエクスプローラの画面を閉じることができます。

フォルダの作成

Ctrl+Shift+N

「新しいフォルダの作成」に右クリックは不要です。
キーボード操作だけでで新しいフォルダを作成することができます。

新しいフォルダの作成

フォルダ間の移動

フォルダ間の移動もショートカットで行うことができます。

戻る

Alt+

一つ前に戻りたいときの操作です。

戻る
戻る

進む

Alt+
進む
進む

上の階層に移動

Alt+
上の階層に移動
上の階層に移動

フォルダ・ファイルの名前の変更

F2

ファイルやフォルダを選択した状態でF2を押せば名前を変更することができます。

ファイルの名前の変更
名前の変更

さらにTabキーを押すことで次のフォルダやファイルに移動することができます。

ファイルの名前の変更_Tabで移動
Tabキーで次のファイルやフォルダに移動できる

フォルダやファイルの削除

ファイルやフォルダを削除(ゴミ箱に移動)

Delete

ファイルを選択している状態でDelキーを押すことで削除(ゴミ箱に移動)することができます。

ファイルやフォルダを完全に削除(ゴミ箱に移動しない)

Shift+Delete

もし、ごみ箱にも残さず完全に削除する場合はShiftキーも同時に押してください。

ファイルの検索

Ctrl+F

エクスプローラ上でファイルを検索するときに使用するショートカットです。
検索ボックスにカーソルが移動します。

検索ボックスに移動
検索ボックスにカーソル移動

アドレスバーに移動

Alt+D

フォルダの場所をコピーしたいときやコピーしたパスを貼り付けるときに使用します。

このショートカットを使えば、メールで上司から送られてきたパスをすぐに貼り付けて移動することが可能になります。

アドレスバーに移動
アドレスバーに移動

表示の切り替え

Ctrl+Shift+6

エクスプローラが大アイコン表示なっている場合などに、すぐに詳細表示に変更できます。

変更前

詳細表示に変更前
表示変更前

変更後

詳細表示に変更後
表示変更後

ファイルの中身の確認

Alt+P

ファイルを探しているときに、いちいち開いて確認していくのは時間の無駄です。
このショートカットでプレビュー画面が表示されます。

プレビュー画面の表示
プレビュー画面

まとめ

いかがでしたでしょうか?

フォルダ操作はキーボードだけで簡単に操作できます。
マウスとキーボードの間の腕の移動をなくすだけで、デスクワークは早くなります。

今回紹介したショートカット10個を使って、効率的に仕事を進めましょう。

最後におさらいです。

フォルダ操作ショートカット
エクスプローラを開くWindows+E
エクスプローラを閉じるCtrl+W
新しいフォルダの作成Ctrl+Shift+N
フォルダの移動Alt+//
名前の変更F2
削除Del
検索Ctrl+F
アドレスバーAlt+D
詳細表示に変更Ctrl+Shift+6
ファイルの中身の確認Alt+P

以上です。

コメント