上司にうまく相談できない人が押さえるべき3つのコツ【新入社員向け】

上司に相談するコツ仕事術
この記事はこんな人向け
  • 報連相が大事って言われるけど、どうすればいいか分からない
  • 上司への相談の仕方が分からない
  • 上司にうまく相談ができない

こんな悩みを解決します。

新入くん
新入くん

上司にどう相談すればいいか分かりません。

なかし
なかし

上司への相談の仕方って誰も教えてくれませんよね。
今回は相談のコツをお教えします。

あなたは上司にうまく相談できていますか?

私も入社した最初のうちは相談が上手くできなくて、相談しても自分の悩みが解決しないということがしばしば起こっていました。

でも、相談の仕方を工夫し、何度も改善を繰り返すことで上司にうまく相談する方法を身に着けてきました。

今回はその経験を元に上司に上手く相談する方法について解説したいと思います。

この記事を読むと・・・

上司への相談のコツが分かります。

スポンサーリンク

なぜ上司にうまく相談できないのか?【理由】

なぜ上司にうまく相談できないのか?

あなたはなぜ上司に上手く相談できないのでしょうか?
理由は大きく3つあります。

  • 自分の状況を正確に伝えられていない
  • 上司に相談するタイミングが悪い
  • 上司に相談する前に自分で考えていない。

自分の状況を正確に伝えられていない

相談しても上司からの回答が思ったものではないといったことはありませんか?

それはあなたが自分の状況を正確に伝えられていないからです。

忘れてはいけないことがあります。
上司とあなたでは考えていることや見えている景色が異なるってことです。

担当者は自分の状況をわかっていますが、上司はあなた以外の部下も見ており、すべてを覚えているわけではありません。

相手と目線が違うので、自分が伝えているつもりでも伝わっていないということはよくあることです。

上司に相談するタイミングが悪い

相談には内容もそうですが、タイミングも重要です。

タイミングが悪いと、上司も相談にのることができません。

  • 上司の機嫌が悪い
  • 問題が大きくなってから相談する

とくに相談するのが遅いと、上司もイライラしながら話を聞くことになってしまいます。

上司としては色々言いたいことがあったとしても、相談のタイミングが遅いと上司としてはどうすることもできません。
軌道修正ができるタイミングで相談しないと、相談の意味がありませんよね。

上司に相談する前に自分で考えていない

なんでもかんでも上司に聞いていませんか?

上司に上手く相談に乗ってもらうためには、自分の意見を持つことが必要です。
間違っていても構いません。

たとえば、こんな相談の仕方をしてはいけません。

サラリーマン
サラリーマン

〇〇ってどうすればいいですか?

相手だって人間です。
なにも自分で考えていない人と間違っても一生懸命考えてくる人を比べると、何も考えていない人にアドバイスはしたくありません。

上司に上手く相談するための3つのコツ【実践】

上司にうまく相談するための3つのコツ

では、上司に上手く相談するためにはどうすればよいのでしょうか?
相談を効果的に行うための3つのコツがあります。

  • 相談内容を紙に書く
  • 相談内容は簡潔に伝える
  • 相談にかかる時間を短めに伝える

それぞれ説明します。

相談内容を紙に書く

相談する前に簡単でもいいので相談内容を紙に書きましょう
最低でも以下の4つは考えてみましょう。

  • 背景
  • 目的
  • 問題
  • 相談内容

紙に書くことで自分の考えも整理することができます。

頭だけで自分の考えをまとめるのはとても難しいです。
というか無理です。

紙に書いて自身の考えをしっかりと整理しましょう。

相談内容は簡潔に伝える

最初に相談内容の要点を伝えましょう。

  • 〇〇に関しての相談です。
  • □□という案で進めようと思ってます。
  • 理由は、△△です。
  • ただし、デメリットとして〜〜もあります。
  • □□でも問題ないでしょうか?

この程度なら30秒もあれば説明できますよね。

相談内容が簡潔にまとまっていると上司も理解しやすいし、的確なアドバイスをもらうことができます。

相手の立場に立って、要点をしっかりと伝えるようにしましょう。

相談にかかる時間を短めに伝える

なかし
なかし

3分だけお時間よろしいでしょうか?
〇〇の進め方について相談させてください。

ちょっと卑怯かもしれませんが、最初に短めの時間を伝えてください

上司
上司

(3分か・・・)
いいよ。どうしたの?

相談さえ始まってしまえばこっちのものです。

一度始めてさえしまえば、多少の時間の伸びは大丈夫です。
もちろん3分で終わる内容を3分以上で相談する必要はありません。

ただし、最初に相談のハードルを下げるという方法は効果的です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

会社生活を通して、自分ひとりで成果を出すことはできません
上司にしっかり相談しないとあとでちゃぶ台返しにあってしまう可能性もあります。

上司に相談するコツをしっかり押さえて、スムーズに仕事が進むようにしていきましょう。

最後におさらいです。

うまく上司に相談できないという人は以下の3つのコツを実践してみてください。

上司に相談するときの3つのコツ
  • 相談内容を紙に書く
  • 相談内容は簡潔に伝える
  • 相談内容は短めに伝える。

以上です。

コメント