【書評】「シュガーマンのマーケティング 30の法則」

シュガーマンのマーケティング30の法則

今回はアメリカで「伝説のダイレクト・マーケッター」と呼ばれる
ジョセフ・シュガーマンの著書である「シュガーマンのマーケティング30の法則」を書評したいと思います。

この本はこんな人におすすめ
  • ものを売る仕事をしている人
  • マーケティングのことを全く知らない
  • 心理学の活用に興味がある
  • 初心者ブロガー

この本のテーマは「マーケティング」ですが、
心理学を活用した内容となっており、とても興味深いです。

何より面白くて読みやすい。

私は仕事でマーケティングに関わることはまったくありません。
というかマーケテイングの意味も知りません。笑
それでも、読み物としてとても楽しく読むことができました。

なかし
なかし

そんな初心者の私でも読みやすいということは
かなりの良書だと思ってます。

スポンサーリンク

シュガーマンのマーケティング30の法則【目次】

まずは、目次から見ていきましょう。

  1. アイスクリームの注文手順
  2. 隣人の急死
  3. 愛とキャンパス売春婦
  4. 臭いもののフタは開けろ
  5. 災い転じて・・・・・・
  6. No.1テレビセールスマンの秘密
  7. 「手を上げろ!」でお金をもらう
  8. ハワイで物語する
  9. 男子風呂の「公告」
  10. 社長の愛車はラビットです
  11. 「ゴリラ・サバイバル作戦」で幸せ結婚生活
  12. 悪魔は理屈に棲んでいる
  13. 金持ちの最後の誘惑
  14. サルでもできる脳外科手術
  15. 情熱力
  16. 集団妄想、そしてマーケティング・アイディア
  17. 全国世捨て人会議
  18. 簡単にできる尾翼コレクション
  19. 火事だぁ、助けて!
  20. 金食いスノーモービル
  21. バカで単純がサイコー
  22. 合法的賄賂で成功する
  23. 几帳面は得をする
  24. 軍事的策略 風船ガム編
  25. 初対面でベッドイン
  26. 宝くじ大当たり
  27. 見知らぬ女性からのエロエロ誘惑
  28. お風呂に入ってバス
  29. フェロモン製造法
  30. 販売における最大の力
なかし
なかし

いや、これなんの本?

正直に言います。
買って目次を読んで見た瞬間、変な買い物してしまったと思いました。

でも読み進めていくうちに
自分でもこの本にどんどんのめり込んで行くことが分かりました。

本書の魅力

本書を読んでみて感じた魅力を3つ紹介します。

本書の魅力
  • とにかく読みやすい
  • 事例に心から納得する
  • 心理的トリガーの威力が理解できる

とにかく読みやすい

この本の最大の魅力は、とにかく読みやすいことです。

すべての章が以下の構成となっています。

タイムラインのタイトル
  • Step 1
    具体事例

    人がものを買う時の心理を、わかりやすい事例を使って
    説明してくれます。

  • Step 2
    心理的トリガー

    事例の中の「心理的トリガー」を要約してくれます。

  • Step 3
    アクションステップ

    活用方法を示してくれます。

マーケティングのことを全く知らない人でも
「あー、こういう時に人は物を買うのか」ということがよく分かります。
なぜなら自分も事例に出てくる場面でものを買っているから。

インターネットなど全く普及していない時代のアメリカのエピソードばかりですが、
とてもわかり易い事例ばかりです。
人がものを買うときの心理は今も昔も変わらないということがよく分かります。

事例に心から納得する

本書の事例は、1970年〜2000年頃までに実際に著者が経験した事例です。

例えば、人がベンツを買う理由。
車ってどのメーカーも機能はそんなに変わりませんよね?
では、なぜ人がベンツを買うのか・・・?

それは・・・

と、こういった事例が30章に渡って書かれています。

どうです?
読みたくなりませんか?

心理的トリガーの威力が分かる

私は今までものを買うという行為に対して
心理学が深く関わっているということを全く考えたことがありませんでした。

たまには衝動的に買い物をしてしまうこともあるけど
基本的には合理的に買い物をしているはずだと思ってました。
でももしかしたら、マーケッターにしてやられているだけかもしれません。笑

本書では、30章に渡って
人がものを買うときの心理について書かれています。

ものを買うときの心理がわかれば、
どうすれば物が売れるかが分かります。

ものを売る、宣伝するといった仕事をしている人は
間違いなく一読の価値ありです。

なかし
なかし

本書の方法をすべて使われたら
少なくとも私は買っちゃいそうです。

本書からの学び

本書からの学びは「人の心理は時代や国が変わっても何も変わらない」ということです。

本書からの学び

人の心理は時代や国が変わっても何も変わらない

本書は20年以上前に書かれた本ですが、
登場人物やエピソードに深く共感できます。

ということは、ものを売るための方法というものは
いつの時代も変わらないということですよね。
大事なのは「お客様」を知り、適切にアプローチすること。

適切にアプローチをするためのヒントが
本書にはふんだんに織り込まれています。
どんな仕事をしている人にもきっと役立つはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

良書というものは、いつ読んでも新しい発見を与えてくれます。
本書で幾度となく紹介される心理的トリガーは
どんな仕事をしている人でもきっと役立ちます。

まだ読んだことがない人はぜひ読んでみてください。

以上です。

コメント