仕事が楽しくないときに「仕事は楽しいかね?」読んでみた話

仕事は楽しいかね?を読んでみた

みなさん毎日仕事って楽しいですか?

この質問に自信を持って「はい」と答えられない人も多いのではないでしょうか?
今回はそんな人におすすめしたい本の紹介です。

今回紹介する本

「仕事は楽しいかね?」(デイル・ドーテン:著/野津智子:訳)きこ書房

この本はいわゆる自己啓発本なんですが、ストーリー仕立てになっており、とても読みやすいです。

仕事に悩む主人公とアドバイスをする老人。
この2人を中心に物語は進んでいきます。

成功を収めた人がどのようにしてその成功を手に入れることができたのか。
老人は「あらゆることをしろ」「試してみろ」と幾度となく伝えてくれます。

この本はこんな人におすすめでした
  • 目標を持って仕事をしていることに違和感を感じている人
  • 仕事が楽しいと自信をもって言えない人
  • 成功者の成功の秘訣を知りたい人

今ならKindle Unlimitedで読むことができるので、登録したけど読んだことないって人は
ぜひ読んでみたほうがいいですよ!

今回は、この本のよかった点と自分の行動がどう変わったかについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

主人公に共感できる

勤続15年になる主人公は、雪で閉じ込められた空港でとある老人と出会います。
「仕事は楽しいかね?」
この言葉に35歳になる主人公はドキッっとします。

  • 勤続15年
  • 何も誇れるようなことがない
  • 何も達成したと言えるようなことがない
  • そこそこの給料をもらっている

これ、完全に私ですね。
勤続年数が違うだけ。

サラリーマンとして働いている方は、この主人公にかなり共感できるはずです。
具体的には以下のように感じている人です。

「仕事はめちゃめちゃ楽しいわけではないけど、周りにいる人はいい人だし、
給料もそこそこもらえてるから不満を言うなんておこがましい。」って思っている人。

こういう方には、主人公の気持ちが痛いほど分かります。

老人からのアドバイスが心にささる

この本の中で老人は一貫して一つのメッセージを伝えてきます。

老人からのメッセージ

あらゆることを試してみろ。試しみることに失敗はない。

サラリーマンのみなさん、最近なにかに挑戦した覚えはありますか?

人生とは、くだらないことが一つ また一つと続いていくのではない。 一つのくだらないことが〈何度も〉繰り返されていくのだ

何かを変えてみないと、自分の人生はくだらないことが繰り返されていってしまう。
よく考えてみれば、そうですよね。

仕事が楽しくないと思っている人にとっては、
”くだらない”仕事が毎日のように繰り返されていく。

じゃあ、どうすればいいのか?
老人が伝えてくれる最も強いメッセージがこれです。

『試してみることに失敗はない』

老人は一貫して試してみることの重要性を伝えてきます。

成功した人は決して、最初から目標を設定して取り組んでみたのではなく、
とりあえずなんでもやっていた人だ、と。

みなさんの周りでもそうではありませんか?
成長している人ってなんでも試してみてませんか?

私の周りで出世していっている人たちは、みんな行動力がすごいです。
「なんでもやってみる」
この精神は、どこの世界でも通じる成長の法則だと思います。

私は、会社内の一番最初の出世争いに負けました。
自分としては、「出世なんか興味ない」って言ってましたし、
そんなもの興味ない人種だと思っていました。

でも実際負けるとなんか悔しいんですよね。
そんなときに読むと老人のメッセージがなんとまぁ刺さることか。

今まであまり挑戦といったことをしてこなかった自分に悔しさを覚えました。

”適切な時”とか”完璧な機会”なんてものはないということ。

「勝利の女神には前髪しかない」
グズグズしているとせっかくのチャンスが目の前を通りすぎていってしまいます。

みなさんには私のような思いはしてほしくありません。
なので、ぜひなんでもやってみる精神をもってもらいたいです。

この本には、具体的に〇〇を試してみろとは書かれていません。
ただ、老人のアドバイスは平凡なサラリーマンをしている私にとても刺さりました。

この本から学んだこと

私はこの本から「とりあえずやってみること」の重要性を学ぶことができました。

このブログを始めるきっかけの一つでもあります。
何かやってみようと思い立って、とりあえずブログを始めてみました。

正直まだなんの成果も出ていません。
でもなんか楽しいんですよね。

「どういう構成にしたら書きやすいだろう?」
「ブログの画像ってどうやって作ったらいいんだろう?」
「仕事早く終わらせるにはどうしたらいいんだろう?」

いろんな壁にぶつかってますが、どんどん試していきたいと思わせてくれる良書でした。
Kindle Unlimitedに登録していれば、すぐに読むことができるので、読んだことがない人はぜひ一度読んでみてください。

以上です。

コメント